駐車場緑化の施工方法

最短で翌日より利用可能!駐車場緑化システム

5ヶ月自社ファームで養生した芝を現地に運び、敷き詰めるだけの簡単工法。最短翌日より、駐車場として利用可能です。

手順1.施工場所確認

現場状況確認(地中配管・突起物等 製品搬入路、資材、掘り返し材置き場の確保。)

施工場所確認

手順2.寸法・下地確認

仕上がり寸法を確認する。 実測、図面(割付)による数量確認を行う。

手順3.資材荷受

車輛到着後周囲の安全を確認し、速やかに数量確認しながら荷卸しする。

手順4.墨出し作業

実測、図面に従い基準墨を出す。

手順5.コンクリートコア抜き

下地となる舗装面に排水孔を開ける ф100-1台当たり2ヶ所程度、孔周りは不織布貼り。

コンクリートコア抜き

手順6.見切設置

計画図面に従い緑石(PC緑石等)を設置、端部寸法の半端な物は切断する。

見切設置

手順7.不陸調整

下地となる舗装面の不陸調節のためコンクリート砕石を平滑に敷均す。(厚1.5mm程度)

手順8.排水シート敷整

排水シートを平滑に敷き込む。

排水シート敷整

手順9.PGE(パグ)設置

図面(割付)に近いパグを敷設する。 曲線や、半端なサイズは鋸で切断調節する。

PGE(パグ)設置

手順10.灌水装置設備(オプション)

1次側給水管に灌水用配管を敷き込む。 電磁弁 コントローラーを設置し、緑地エリアまで亘配管を行う。(電磁弁、コントローラー、雨センサー)

灌水装置設備

手順11.配管敷設(オプション)

本管よりチーズ、エルボ継ぎ手等を使用して枝管を設置する 枝管流木には自動排水弁(オートドレーン)を取り付ける 枝管にパグの目地(@525)に合わせ給水チーズを取り付け、 そこからドリップチューブを敷設する。

配管敷設

手順12.散水・タイマー設定

敷設後、通水施設にて灌水状況、漏水の有無、タイマー及び 電磁弁の動作確認する。

散水・タイマー設定

手順13.最終確認から完成へ

タイマーを設定し、最終動作確認を行う。

最終確認から完成へ