蓄電装置

リン酸鉄リチウム電池搭載 蓄電装置

〔 リン酸鉄リチウム電池搭載蓄電装置 取扱い開始しました 〕

今後活用が期待される最先端、リン酸鉄リチウム電池を搭載した蓄電装置です。

繰り返し充電して電気を供給する蓄電システムは、近年増加する災害時、停電が起きた時の備えとして必需品となっています。当社取り扱いの蓄電装置は、電気自動車にも使われ次世代の蓄電型バッテリーとして注目のリチウムイオン電池を搭載しています。

製品のお問い合わせ

リン酸鉄リチウムイオン電池の性能

  1. 災害時などの電源確保(約2000Whの電力を蓄電することが可能)
  2. 正弦波インバータ内蔵、1000WまでのAC100V製品を使用可能
  3. 電池残量警告アラーム搭載(特定の電圧を下回るとアラームにより警告)
  4. タッチパネルモニター搭載(モニターにより電池残量や電池状況を確認できます)
  5. 急速充電6時間(単相AC100~240Vから急速充電、海外仕様も特注可能)
  6. 太陽光パネルから充電が可能(電力環境がない災害備蓄倉庫にも最適)
  7. 炭素複合素材により、インバータから発生するノイズも吸着軽減。

リン酸鉄リチウムイオン電池の用途

リン酸鉄リチウムイオン電池の特長

他の電池との比較

鉛電池 (コバルト)
リチウムイオン電池
(リン酸鉄)
リチウムイオン電池
寿命 約300回 約500回 約500回
交換サイクル 約2年 約3年 約10年
自己放電(月) 30% 10% 3%
寒冷地 不向き(0℃まで) 不向き(0℃まで) 強い(マイナス10℃まで)
安全性 爆発やガス発生の危険 爆発の危険、要温度管理 発熱が殆どなく高安全
過放電 弱い(充電が不可能になる 弱い(充電が不可能になる 強い(過放電から回復)
重量(比率) 4 1 2