屋上緑化

屋上は、敷地です。活用の幅は無限大。

病院や工場などの建物の屋上を緑化する効果は、断熱効果における冷暖房の省エネ効果が特徴です。今後は屋上を敷地ととらえ、公園やコミュニティスペース、園芸療法など活用の幅は広がっていくことでしょう。

屋上緑化とは

屋上緑化のメリット・効果

屋上緑化のメリット

屋上緑化で最も効果が見られるのは断熱効果です。

右の図は国土交通省による実験結果(H19.8.16)をあらわしたものです。 緑化していない屋上タイル部分やアスファルトの表面温度は日中50℃以上に達していますが、植栽基盤下面は30℃以下を保っています。 これは、土壌の断熱効果や、土壌に含まれる水の蒸発で熱が奪われたり、自然がもたらす外断熱といえます。

温度測定グラフ

当社の屋上緑化システムは、超軽量!ほぼ散水不要!
メンテナンスコストの削減に成功しました。

コスト削減

コスト削減

助成金を上手に活用することでコストが抑えられます。当社独自のネットワークにより、トータルコストを抑える仕組みに自信があります。

軽量化で建物への影響少

軽量化で建物への影響少

屋上緑化の専用芝MGE(メグ)は、湿潤時でも38~40kg(1m²あたり)と、超軽量化を実現しています。よそで緑化不可能と判断された企業様も、お気軽にご相談ください。

散水ほとんど不要

散水ほとんど不要

保湿力に優れたマットを土壌に使用しているので、散水の手間がほとんどありません。